設立動機

弊社は2001年3月、有限会社グローバル・サイバーネット・システムとして設立されました。設立メンバー3人は、長年にわたって日本でのシステム開発に携わっており、豊富な経験と下記の理念を基に会社を立ち上げました。

IT産業の活性化
日本のIT産業に活力を入れます。本格的なIT時代の到来につれ、システム開発プロジェクトが益々盛んになりつつありますが、 日本では慢性的にコンピュータ技術者が不足しています。プロジェクトを立ち上げ進めるとき、 フェーズごと(例:設計・生産・テスト・運用・補修など)に適時に必要とする技術者を投入しなければなりません。 この過程で少しでも遅れが出ると、プロジェクト全体に大きな影響を及ぼしかねません。弊社はネックとなる部分を見直し、 最も効果的な人員配置をご提案することによりIT産業に新鮮な活力を入れます。

効果的な技術者の確保
IT分野で急成長した韓国の技術者の確保に注力します。 韓国はかつてから国を挙げてITを育成しており、 現在WEB分野においては世界的な水準に達しています。 技術レベルが高いだけでなく、英語などの語学能力に長けており、 日本でも十分活躍できると考えられます。また、韓国と日本は同じ文化圏であり、 実際多くのプロジェクトでチームワークを発揮しています。 弊社としては優秀な人材の確保に最善を尽くします。なお、日本の力量ある技術者の確保にも尽力します。

日本経済の活性化に一助
日本と韓国のビジネス交流を促進し、日本と韓国の掛け橋の役割を果たします。 日本の優れた技術を正確に把握し、適材適所に韓国企業に提案することにより、 日本企業との技術提携などを推進させ、日本経済を活性化させます。

日本社会に貢献
今まで築いた実績と信頼をベースに、会社を精力的に育成、発展させます。 社員の福利厚生はもちろん、日本の社会に利益を還元します。

新時代へ
日本と韓国のビジネス面の強化だけでなく、文化や教育、芸術といった民間交流を促進させることにより 相互理解を深め、次の世代の新しい交流の一助になるように努めます。

経営方針

会社概要

会社名

株式会社 グローバル・サイバーネット・システム

所在地

東京都

本社

東京都品川区東品川3-32-42 ISビル12階

設立

平成13年3月26日

資本金

10、000、000円

取締役

代表取締役  徳山 光司

従業員

110名

決算期

4月(年1回)

主要事業

システム開発業務、システム請負事業、リソースマネージャメント事業